【絶世の美女】ヴィヴィアン・リーの決意から学ぶ引き寄せの法則

【絶世の美女】ヴィヴィアン・リーの決意から学ぶ引き寄せの法則 引き寄せの法則
この記事は約4分で読めます。

もし、幸せな結婚した後に、本当は違う暮らしをしたいと気づいたら、あなたは旅立ちますか?

ヴィヴィアン・リーは大女優になる前に、結婚していました。
幸せな家族のように見えたが、彼女が心で思い描いた暮らし方と違っていました。
「私は女優になりたい!」

その思いが強くなり、やがて一人で去りました。
彼女の決意に対して賛美両論ですが、この記事で見ていきたいのは「決意の強さと実現の関係」です。

Sponsor link

大胆な夢

ヴィヴィアン・リーを有名にしたのは『風と共に去りぬ』の主人公スカーレット・オハラの役です。実は、ヴィヴィアン・リーと出会うまでに、『風と共に去りぬ』の監督は三年かけて主役を探していました。

ずっとピッタリの人がおらず、映画のスタッフたちも焦っていました。

あの時のヴィヴィアン・リーは女優としてスタートしたばかりで、無名でした。しかし、『風と共に去りぬ』の脚本を読んだとき、彼女は「主人公スカーレット・オハラ役をゲットする!」と、友人に宣言しました。

当然、誰も彼女のことを信用しておらず、まだ名前のない女優の無謀なアイデアだと思っていました。

しかし、彼女は必ずできると信じていました。

半年後、偶然の機会でこの役のオーディションしたときに、監督は「彼女こそ3年間探していたスカーレット・オハラだ」とすぐわかり、その映画もやっと制作に入りました。

揺るぎない信念

ヴィヴィアンは一体どんなことをしてこの奇跡を起こしたか、論理的に分析はできません。運がいいという人もいれば、タイミングだと思う人もいるでしょう。

しかし、ヴィヴィアン・リーの演技を見たことがある方はきっと、わかります。

彼女の眼には揺るぎなく、火のような「自信の炎」があること。

「反対されても、笑われても、私は自分を信じている!」
これは、ヴィヴィアンが起こした一個目の奇跡です。

vivien Leigh

引き寄せの法則

ヴィヴィアン・リーが女優として名前を確立してから二つ目の決意しました。それは、当時イギリスの人気俳優ーローレンス・オリヴィエと結婚すると宣言しました。
この宣言に対して、反対する人は多かった。

なぜかというと、当時ローレンス・オリヴィエはある女性との婚約していました。ヴィヴィアンと結婚する可能性より、モラルが問われるようなことです。

しかし、不可能のように見える現実を前にして、ヴィヴィアン・リーは最終的にローレンス・オリヴィエと結婚し、ハリウッドで最も羨ましがるカップルとなったのです。

自分の望みに素直になっているのか

傲慢と思われるほどの信念のもとに、不可能は存在しません。
本当に望みんでいる未来を純粋に体験したいと、ヴィヴィアン・リーは自分の望みに素直でした。

まるで大好きなおもちゃを手に入れるまでには諦めない子供のようで、自分を否定することは一切ありませんでした。

多くの場合、私たちは周りの声で、自分の望みを否定したりします。
心の声を抑えて、他人の意見を受け入れます。
もちろん、これは大変心地よくないことです。

痛みを感じないように、自ら感情を封印してしまいます。
本心ではないことをしているので、引き寄せの力は純粋ではなく、望まない経験を引き寄せてしまいます。

まるで「本当の自分の気持ちに気づいて!」と叫んでいるように、引き寄せの法則は私たちの心に訴えようとします。

もし、単純に自分に素直になれたら、
もし、単純に自分の気持ちを大切に思えたら、
他人は何を言っても、自分を尊重し、愛することができたかもしれません。

周りの波動に影響されずに、
無償の愛で、望みを見つめてあげられたかもしれません。

*英語と日本語で作った無償の愛を育てるアファーメーションです。👇

Mind your own business

Mind your own business、これは英語圏でよく使われている言葉です。「自分の人生を見つめなさい」
他人の人生に意見を出すのではなく、すべての注目を自分の人生に。
あなたが思い描きたい人生を実現すれば、周りも変わっていきます。

他人を変えようとするより、自分を変えたほうが早い。
心、頭、そして体すべてを自分のために使いましょう。
大好きな小説を読むに、何度も理想な人生を思い描いてください。

きっと、近いうちに体験できるようになります!

タイトルとURLをコピーしました