潜在意識と顕在意識を活用して未来を創る

潜在意識と顕在意識を活用して未来を創る 引き寄せの法則
この記事は約5分で読めます。

潜在意識は人生経験の中で意識していない部分です。その反対、顕在意識は意識して思い出す部分です。

潜在意識は意識の中で圧倒的に大きなパーセンテージを示しています。体の機能だけではなく、多くの可能性を秘めています。

この記事では、潜在意識と顕在意識を活用して、未来を創り出すヒントをまとめました。

Sponsor link

潜在意識と顕在意識

潜在意識について話す前に、顕在意識の意味を見ていきます。

顕在意識ーConscious mind

現在認識していることと考えていることのすべてを含みます。短期記憶に似ているような概念で、意識可能な範囲は制限されています。

基本的に、自分に対する意識と、五感を通して感じる周りのものが顕在意識に入ります。

周りの情報を取り入れて、客観的です。

顕在意識ーSubconscious mindあるいはPreconscious mind

意識的に思い出すのは難しい、あるいは認識しにくい体験の情報です。例えば、機能の読書で何ページから何ページまで読んだかと聞かれた場合、多くの人は内容が覚えているかもしれないがページ数は思い出せないでしょう。

また、今の心拍数を教えてくださいと言ったら、器械を使わないで正確に言える人もほとんど存在しません。

その生命体の立場で働くので、主観的です。

しかし、これらの情報は実際に私たちが体験し、インプットされています。

潜在意識と顕在意識の氷山

subconscious-mind-iceberg

フロイドは心理学研究では、潜在意識の研究で有名な学者です。

彼は、潜在意識と顕在意識を氷山のようにあらわしています。図からわかるように、顕在意識は氷山が水から出ている部分で~10%ですが、潜在意識は圧倒的に大きくて水には表していません。それが~95%にも及ぶ場合があります。

また、彼の研究によると、潜在意識と顕在意識はお互い影響することがあり、顕在意識で潜在意識にメッセージを届くことも可能です。

潜在意識の可能性

潜在意識は無限の知性を持つ部分です。

そことコミュニケーションする方法がわかれば、どのようにメッセージを届くか、潜在意識の力で欲しい未来を創り出します。

引き寄せや未来を実現するテクニックはすべて顕在意識と潜在意識のコミュニケーションを教えています。

例えば、欲しいものを意識的に思い浮かべて想像しますよね。

その時は顕在意識です。

その想像力を邪魔しないように、「こうなったらいいなあ」という時は潜在意識にメッセージを届くときです。つまり、顕在意識で「何とかしなくちゃ!」を手放して、水の中に潜む大きな氷山に任せるのです。

このコミュニケーションを練習してうまくできれば、顕在意識を使わなくても(意識しなくても)顕在意識に直接働きを呼びかけます。

スピリチュアルから見た潜在意識

潜在意識は、一般的に考えられているように、身体機能や思考を操作するだけでなく、宇宙エネルギーと繋いでいます。

人はみんな、自分の宇宙を持っているし、またそれがもっと大きな宇宙、すなわちエネルギーの源に繋がっています。

一人が潜在意識に目覚めれば、周りの人を影響し、潜在意識の使い方もできます。その人たちは様々な名前で呼ばれています。マスター、先生、サイキック、超能力者、悟った人などなど。

生まれて気づいた人もいれば、人生経験で悟った人もいます。

そのような人のそばにいると、

自然に呼吸も穏やかになり、心地良い気持ちになります。彼らの波動を直接に受けることになります。パワースポットに行くことととても似ています。

mind-power-satori

ここれからは潜在意識に届くメソッドをまとめます。

催眠

催眠は、潜在意識を感動させる最も効果的な方法です。感覚を遮断し、想像力に入ることができれば、簡単に潜在意識に触れます。 

目を閉じてリラックスし、数字を数えます。数えながら呼吸に焦点を当てます。その後は催眠術をかけられます。 

これは催眠術師による催眠ですが、自分でできるリラクゼーション方法もあります。

力を抜く

つま先から始め、徐々に首まで上がっていきます。力をまず入れてその後は一気に抜きます。筋肉にストレスを加えてから解放すると、緊張はなくなります。

筋肉が緩めると思考も一時的に緩めます。静かな間が訪れます。

感覚・フィーリング

感覚は潜在意識を知るために必要です。実現したいイメージを今あるように五感で感じれば、潜在意識に届くことができます。潜在意識にインプットすればリアルで起きたように感じます。

この感覚は種のようなものです。これを繰り返すことで、潜在意識に具体的な望みをインプットしていきます。それからは実現するまでにそのインプットを邪魔しないことです。

「できない」とか、
「どうせ私は」などのメッセージを発信しないことです。 

否定的な感覚を送れば、それもインプットされるからです。現状に反応せずに、望み通りのメッセージを発信していきます。人生で起こるすべての出来事は意識の種になっていきます。

まとめ

いかがでしたか?

潜在意識と顕在意識を繋ぐヒントを見つけましたか?

この記事では、「潜在意識と顕在意識を活用して未来を創る」をお題してまとめました。

潜在意識は個人の力、そして大きな力に働きます。

  • 顕在意識を通して欲しいものを具体的に五感で想像します。
  • そのイメージが完成したら手放して潜在意識にインプットしていきます。
  • 否定的な感覚を起こさないで、潜在意識の邪魔をしません。

力を抜いてこのプロセスを行えば、未来を実現させていきます。

引き寄せの法則を更に実践的に行いたければ、こちらの記事引き寄せの法則!エイブラハムの知恵を簡単にまとめた5つのステップを見てください。

引き寄せの法則!エイブラハムの知恵を簡単にまとめた5つのステップ

問い合わせなどがあればこちらのフォームをご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました