ストレスの症状を改善するマインドフルネスワーク

ストレスの症状を改善するマインドフルネスワーク ストレス解消
この記事は約4分で読めます。
Sponsor link

ストレスの症状は人によって違いますが、不安な時に感じる感情はストレスに似ています。不安とストレスは本質的に似ています。そのために、不安になるとストレスを感じることは多いです。

この記事では、ストレスの症状をはじめ、日ごろに使える改善方法もご紹介します。

不安とストレスの違い

不安とストレスには多くの共通点があります:

  • 気分のむらや感情的な激変
  • 自分自身、他人、または状況について否定的に考える
  • ストレスや不安を誘発する状況の回避、先延ばし、過労などの行動の変化
  • 頭痛、胃腸障害、発汗、胸痛、頻繁なトイレの使用
  • 心拍数、呼吸数、血圧の変化など身体的な症状
  • 交感神経系(SNS)の活性化、​​ストレスや不安な思考、感情、行動、身体的感覚の背後にあるのは、この生理学的反応です。

アメリカ心理学会(APA)によると、その主な違いは、それらにつながるトリガー(それを引き起こす原因)と症状が持続する期間に関係します。

ストレスは外部の出来事によって引き起こされるが、不安のトリガーは外部または内部の可能性があります。

さらに、ストレスは通常、トリガーが消えるか処理されると治まりますが、不安はトリガーがなくなった後も続きます。

stress-anxiety-mindfulness

トリガー(引き起こすもの)について

トリガーには個人的な差があります。同じトリガーでも、刺激されて戦う人もいれば、それに避けようとする人もいます。まったく気にしない人もいるかもしれません。

トリガーは、トラウマになるほど大きな出来事(恐ろしい事故に巻き込まれたり、何かを目撃したりする)の場合もあれば、小さな反応で終わることもあります。

トリガーの中に最も重要なのは、一人一人の中で引き起こす反応ー思考、感情、そして行動です。

ストレスがあれば、トリガーを対処すると反応が落ち着きます。たとえば、期間中に完成しなかれ場行けないプロジェクトがあれば、時間と戦う時はあるでしょう。

その時、あなたはストレスを感じてちゃんとした仕事がこなせるかどうかについて心配します。そうすると、頭痛や他の身体的症状を起こし、否定的に考えるかもしれませんが、終了すると、消えます。

しかし、不安な場合、プロジェクトが終了してもストレス反応は治まらないで継続します。激しい反応を起こす場合も多いです。

良い仕事はできるか、その後も大丈夫なのかを心配し続け、否定的な未来を想像します。

ストレスや不安を癒す方法

多くの場合、ストレスや不安の症状はセルフケアで軽減することができます。思考、感情、行動、および身体的症状が始まったときにそれらを認識することは、ストレスや不安を癒すことにつながります。

不安やストレスの影響に気づいたら、意識して気持ちを変えることが大事です。それは、気持ちを変えることをすることです。

運動、健康的な飲食、楽しい趣味やリラックスした活動ー瞑想などは、ストレスや不安に対処できます。

マインドフルネスのワーク

一番大事なのは日ごろの行いに意識をすることです。マインドフルネスとは、すべての行動に気を配ることです。

  • 例えばご飯をゆっくり噛んで食べる。
  • リラックスできる音楽を聞いて気持ちを変えること。

緊張感を感じたら下のエクササイズを行ってください。

  1. 目を閉じてゆっくりと深呼吸を数回行います。
  2. 呼吸するたびに体に出入りする空気の音と感覚に集中します。
  3. 体の波動に同調し、今どこに不安があるかを探ってください。
  4. イメージして、身体から解放される緊張感を視覚化(黒い塊など)しながら深呼吸します。(長い間不安を抱えていると、感じ始めるまでに時間が空かるかもしれません)
  5. 今、その注意を心に向けてください。
  6. 不安な考えや感情を認めて唱えてください。
  7. 「私は______を考えて_____だと感じています。私はこのような考えや感情を持っているが、それは現実ではありません。」
  8. 体の感覚を詳しく言葉にしてから不安から距離を置いてください。
  9. しばらくしたら、周りにあるものを見て感じたり。音があればそれを聞くことに集中し、評価せずに観察してください。
  10. 頭の中に、静かな間が訪れるまでには続けてください。
  11. マインドフルネスはいつでもどこにいてもアクセスできます。

もし意識してマインドフルネスを行うのは難しいのであれば、音楽を聞いたり、リラックスさせてくれる動画を見てください。

まとめ

いかがでしたか?

この記事では、「ストレスの症状を改善するマインドフルネスワーク」をお題にしてまとめました。ストレスと不安の違いについて詳しく説明しました。

ストレスは出来事が終わると消えていく傾向がありますが、不安は長続きします。そのために一番効果的なのは緊張感を感じた瞬間にそれを緩めると心掛けることです。

この記事の中で紹介したマインドフルネルのワークを行って呼吸をゆっくりしてみます。

YouTubeチャンネル【小さな神社】では、心を落ち着かせる動画を定期的に公開しています。ぜひ、それを活用してください。

問い合わせなどがあればこちらのフォームをご利用ください。

タイトルとURLをコピーしました