心が変わると人生が変わるのはなぜ?思考が遺伝子を変える科学的な根拠

引き寄せの法則
この記事は約8分で読めます。
Sponsor link

心が変わると人生が変わる、この言葉はよく聞くかと思います。

偉人から仏教のお坊さんまで、この言葉はいろいろな方が話しています。

この記事を読んでいる方の中には、ポジティブ思考や幸せな気分を感じるように、積極的に変えてきた人もすくなくありませんよね。

 

でも、一体どうして心が変わると人生が変わってしまうでしょうか?

私たちの体と心は一体、どんな繋がりがあるでしょうか?

 

この記事では元生物学者の博士、ブルース・リプトンの研究で心と体の関係を科学的に解明し、思考が遺伝子にもたらす影響を紹介します。この記事を最後まで読むと「いい気分」と「健康な体」の関係を理解し、これから具体的に何をすればいいかがわかります。

ルシファー君
ルシファー君
これは記事の動画版だよ👆

心が変わると人生が変わる:思考が遺伝子を変える?

心が変わると人生が変わる

この言葉はとても響きがいいですよね。

おそらくほとんどの人はなんとなくその理由がわかるのではないかと思います。

  • 心が変わると、物事の見方が変わる。
  • 物事の見方が変わると、行動が変わる。
  • 行動が変わると、人生が変わる。

これは簡単に思い浮かべられますよね。

しかし、思考は一体どのように私たちの細胞や遺伝子に影響を与えているか、考えたことはありますか?

遺伝子(DNA)は一体どこまで人生を決めているのか、知りたいと思いませんか?

 

実はこれについて分かりやすく解説してくれた元生物学者がいます。

その人はブルース・リプトン博士です。

大学教授として、肝細胞や生物学医学の分野で研究を重ねてきました。

ブルースリプトン博士とは?

1970-1980の細胞医学学会では、「DNAがすべてを決定する」と信じていました。

ビビアン
ビビアン
生まれた運勢はすべてを決定すると似たような考え方ですね。

ブルース・リプトン博士もそれを信じて医学生に教えていったのです。

 

しかしある日、肝細胞の実験で彼は今までの信念をくっつり返すような結果を得ました。

 

全く同じ肝細胞を3つ違うペトリ皿(環境)に入れただけで、その結果では異なる「成長」が見られたのです。

 

ブルースリプトン博士の言葉で言うと、一個目の環境ではプロテインの組織がでてきたり、二個目は脂肪の組織だったので、かなり形が違います。

mind-change-life-cell-experiment

この研究で分かったのは、

遺伝子(DNA)がすべてを決めるより、環境が遺伝子に情報を送ってその成長を決めるのです。

 

環境が遺伝子に情報を送るって?どういうこと?

一つ一つの細胞には受信機(receptor)があります。

受信機を通して細胞が影響を受けます。

周りの情報が細胞の核(DNAの倉庫)に届くこともあります。

 

つまり、どんな成長を見せるかは、DNAが外のシグナルを受けて姿を変えて行った結果です。

 

では、人間にとって何が環境でしょうか?

心が変わると人生が変わる:いい気分と遺伝子の関係

人間にとっての環境は家庭だったり、人生経験だとここであなたは思うかもしれません。

もちろん、これが正解です。

しかし、生物学でいうともっとわかりやすい「環境の認識」があるのです。

それは、血液。

mind-change-life-blood

細胞は血液の中で生きています。

ですから、血液の質が個人の環境です。

 

では、良い血液(環境)とはどんなものでしょうか?

 

考えられるのは:

  • 食べ物の質(新鮮な野菜など)
  • 運動の質(血循環をよくする)

またいい気分も大事なカギです。

いい気分って…なんとなくわかるけど、血液にどういう影響があるの?

と、ここであなたは聞くかもしれません。

 

実は、いい気分になるとき、私たちはドーパミンといった幸せなホルモンを分泌します。

 

そのホルモンは血液の中に流れ込んで体中をめぐるのです。

 

ですから、気分は脳に影響を与え、ホルモンをリリースして体をコントロールしていくのです!

 

血液は、運河のようなもの。

 

ここで注目してほしいのは「脳」です。

実は環境はどうであれそのまま細胞に反映するのではありません。

脳が周りの情報を「分析」してからどんなホルモンを出すかが決められています。

 

これが本当に大事なポイントです。

もう一度リピートします。

 

環境はそのまま細胞に反映するのではありません。脳が周りの情報を「分析」してからどんなホルモンを出すかが決められています。

 

脳の分析を影響するのは、思考の力です。

心が変わると人生が変わる:思考の力

思考の力は多くの先生に強調されていますよね。

 

思考の生物学のメカニズムは、とてもシンプルです。

周りの情報に関する捉え方をコントロールします。

 

ポジティブ思考の大切さはまさにここにあります。

ポジティブになろう!と思って頑張らなくてもいいのは、これが理由。

 

本当にポジティブで幸せであればホルモンは自然にリリースされます。

頑張ろうとか、少しでも抵抗があればストレスホルモンがリリースされます。

 

思考は思考の内容だけではありません。

思考によって分泌されたホルモンは体に直接な影響を与えます。

 

体中に幸せのホルモンが溢れてしまうと、嫌なことなんて考えませんよね。

また、急に何かが起きたとしても、自然にポジティブに捉えられます。

 

ルシファー君
ルシファー君
だからどんな時であれ、バカのように幸せを感じるのは正解だね!

 

ですから私たちが準備することはたった一つ、

それは幸せなホルモンを24時間リリースすること!

 

そうすると体は自然に健康的になるし、

思考も自然にポジティブなものになっていきますよ。

ビビアン
ビビアン
頑張ろうと少しでも思ったらストレスホルモンが分泌されるので要注意^^

引き寄せの科学:ウェルビーイング(健康)の大切さ

ブルースリプトン博士の研究でももう一つ分かったことは、

「病んだ細胞に薬を与えるより、いい環境に変えれば治る」ということです。

 

私たちは普段「問題を解決しよう」と頑張りますが、それは細胞に薬を与えるようなものです。

 

しかし、細胞はもともと自然治癒力があるので、薬は要りません。

長期的にな病気を治したければ、薬ではなく細胞が元気になる環境を作ることが何よりもです。

 

これがウェルビーイング:体やマインドすべての健康が基盤である考え方。

mind-change-life-wellbeing

  • 細胞が元気であれば、体も元気だし、思考もポジティブになります。
  • 思考がポジティブになると、行動力やその人の魅力が変わり、
  • 運勢も変わっていくのです。

 

よくなろうと必死になる必要はありません。

体を信じていいホルモンをリリースするだけのことです^^

まとめ

いかがでしたか?

この記事では思考と遺伝子の関係について分析し、スピリチャルの法則である引き寄せについても触れました。

ブルース・リプトン博士は1980年、細胞の発見をけいにスピリチャルの面でも目覚めました。

今は「科学とスピリチャルを融合する」代表として、北米ではユニークな存在です。

 

この記事でシェアしたのは博士のほんの一部の発見です。

もし体とスピリチャルの関連性について知りたければ、○○ほんがおすすめです^^

「思考」のすごい力 心はいかにして細胞をコントロールするか

詳細はクリックする

心が変わると人生が変わる。

それは意識をコントロールすると人生が変わることです。

 

私たちの脳はDNAにどんな影響を与えるかを決めることができます。

ですから、人生経験の内容は気にせずにどんな時でも幸せを感じていきましょう。

 

そう、幸せな感覚がすべてですよ^^

ルシファー君
ルシファー君
僕は毎日食べ物があって眠れる場所があるだけですごく幸せだよ!あなたは?
タイトルとURLをコピーしました